商品ネーミングの普通名称化イメージ

商品ネーミング

普通名称化の防止

このように商標の普通名称化を防ぐには、「商標登録さえ行っておけば大丈夫」という考えは禁物で、商標登録は商標という財産を守るための"最低限行わなければならない基本的な部分"であって、実際には広告などで商品名を表現する場合には商標の近くに一般名称をくっつけることによって商標の識別性を高めるなどといった工夫が出願する側には必要だと言われています。

一般の消費者に「商標登録されたものは、普通名称として使ってはいけない」などとその使用を力づくで禁止することは不可能なことですが、"企業名+商品名"、"一般名称+商品名"と表示することによってその企業以外のものは本物ではないと消費者が自然に思うようになったり、商品名がそのメーカー独自のものであるということまで伝えることができたりします。

たとえば漂白剤で有名な『ハイター』は、"花王"が商標登録をしていますが、"衣類の除菌・漂白剤"などという一般的な名称を、消費者の"漂白をするというイメージ"と"ハイターという商標"の間に位置させることによって、消費者の意識の中で"漂白"と"ハイター"とが直接結びついて普通名称化が起こりやすくなるのを和らげてくれます。

他にもアルファベットを使用した名称の場合は、大文字を使ったり、商標の側に"R(マルアール)"をつけてそれが商標登録済であることをアピールしたり、またテレビや新聞、雑誌などといったメディアも商標の普通名称化を加速する原因となることがあるので、自社の商標が一般名称であるかのように扱われているのを発見した場合にはすぐに中止するように申し出る必要があります。

本来なら他人が勝手に使うことのできない商標の"不本意な使われ方"を野放しにしておくことによって価値のある財産が、全く価値のない普通名称になってしまうようなことがないようにしなければなりません。

普通名称化を防ぐには、商標権を得た時点で登録者は「自分の財産は自分の手で守る」くらいの覚悟が必要ですが、本来の仕事に集中するためにはプロに委託して監視してもらうという手もあります。

商品ネーミングの普通名称化区切り線

商品ネーミングの普通名称化は、ネーミングについて解説しています。

商品ネーミングの普通名称化Pick!:普通名称化した商品ネーミング事例

普通名称化した商標は有名なものだけでもかなりの数になりますが、ここでは実際にその中のいくつかあげて見てみることにしましょう。 ≪ひよ子≫......九州ではこの名前を聞くと誰もが、福岡市の老舗菓子メー・・・・

ページの先頭へ戻る