商品ネーミングの普通名称化イメージ

商品ネーミング

商標問題について

たとえば一般家庭でつくられてきたお寿司のことを昔から"田舎ずし"と呼んでいる地域があったとします。

その地域のお店では、スーパーなどでも"田舎ずし"という名称で家庭的なお寿司が売られています。

さらに飲食店には"田舎ずし"という名前のお店があったり、"田舎ずし"というメニューがあったりして、この地域では"田舎ずし"という名称は、普通名詞として誰もが自由に使って商売を行ってきま
した。

ところがそこに全国でチェーン展開を進めている新しい★★料理店が建ち、しばらくするとそこでも"田舎ずし"というメニューが取り入れられましたが、店主は自分で創意工夫した部分が多いことから他の競合店にアイデアを盗まれる前にと思って、『田舎ずし』という名称で商標登録申請を行い、申請は受理されました。

するとこれまで普通名称だと認識して自由に使ってきた多くのお店は、これによって突然その名称を使えなくなってしまいました。

ところで、消費者にとって最優先されるのは商標云々ではなくて品質や価格などですので、★★料理店の開発した『田舎ずし』が話題になって人気が高まれば客はそちらに流れ、これまで地元で営業活動を行ってきた料理店は客を取られた上に『田舎ずし』という名前まで使えなくなって、まさにダブルパンチをくらった状態になってしまいました。

★★料理店にはこの名称の使用権と、さらに不正に使用された場合は使用を中止することを請求する権利と使用されたことによって生じた損害賠償金を請求する権利があるので、他の料理店は下手に動くことができません。

また使用する権利を失ってしまった料理店が、これまで通り自由に『田舎ずし』という名称を使うことができるようにするには、訴訟を起こして★★料理店の商標登録は商標がすでに普通名称化していた状態で行われたものであるということを裁判所に認めさせて★★料理店に与えられた商標権を無効にしてもらうしか解決方法はありません。

商標登録の有効性などをめぐって、最近ではこの種の商標問題が頻繁に起こっているようです。

商品ネーミングの普通名称化区切り線

商品ネーミングの普通名称化は、ネーミングについて解説しています。

商品ネーミングの普通名称化Pick!:事例:エスカレーター

"エスカレーター"が世界に普及し始めたのは、1900年に開催されたパリの万国博覧会にアメリカの"オーチス・エレベーター社"が発明家のチャールズ・シーバーガーが発明したものを"エスカレーター"として出・・・・

ページの先頭へ戻る